広島県東広島市 医療法人社団 恒久会 中前外科・内科クリニック

大腸肛門検査

  • HOME »
  • 大腸肛門検査

初心受付サービスバナー_950_271

大腸内視鏡検査・肛門検査

大腸内視鏡大腸検査

大腸内視鏡検査とは、肛門から内視鏡(先端に高性能カメラがついた細いチューブ)を挿入して大腸全体を観察する検査です。
便潜血陽性の際の大腸の検査、大腸ポリープの経過観察、炎症性腸疾患の内視鏡による診断を行います。

大腸内視鏡検査 大腸がんの予防と早期治療のために

近年、大腸がんは増加傾向にあり、この20年で死亡者数は2倍に増加、女性のがん死亡原因では第1位になっています。
そのため、大腸がん検診は現在広く普及しており、40歳以上の方であれば市区町村でも大腸がん検診を受けられます。
この一般的な大腸がん検診は、便に血が混じっていないかを調べる便潜血検査が行われますが、便潜血検査で陽性となった場合は大腸内視鏡検査を行うことを強くお勧めします。

大腸がんはある程度進行してしまうまで自覚症状がありません。大腸がんは早期発見できれば内視鏡での治療も可能ですし、ほぼ100%完治します。
出血するまでに至っていない早期の大腸がんを発見できるばかりではなく、がん化する恐れのあるポリープを内視鏡で切除することによってがんを未然に予防することができます。
大腸がんの検査として大腸内視鏡検査は大変有効です。

このような方に大腸内視鏡検査をお受けになることをお勧めします

大腸写真

  • 健康診断の潜血反応が陽性だった
  • 血便が出る
  • 便が以前に比べて細くなった
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 切除していない大腸ポリープがある
  • 大腸ポリープを切除したことがある
  • 大腸がんが心配である
  • 大腸がんの手術をしたことがある

大腸ポリープ

大腸ポリープ

大腸癌

大腸癌


正常 肛門 反転検査

正常 肛門 反転検査

内痔核

内痔核

大腸内視鏡検査の予約から検査の流れ

大腸内視鏡検査をご希望の方は、必ず予約してください。
(全腸型大腸内視鏡検査は検査前の説明や食事の注意が必要なため初診当日での検査は行っておりません)

1.外来受診
外来にて医師の診察を受けていただき検査の予約をいたします。その際、内視鏡検査と、使用薬剤の説明があります。

2.内視鏡検査説明
看護師よりパンフレットを用いた検査前日・当日・後日の生活・食事指導をいたします。

3.内視鏡検査前日
パンフレットの内容をご参考にお食事してください。

4.内視鏡検査当日
(1)前処置
安全に検査を行うため胸部レントゲン、心電図(エコー検査)をさせていただきます。
問診後、腸管洗浄液を飲んでいただき、腸の中をきれいにします。
検査中の安全のために点滴、モニター装着をします。
(2)検査
内視鏡検査には医師のほかに必ず看護師が同室し検査を受けられる方の状態を常に観察します。
(3)内視鏡検査結果説明
医師より写真をお見せしながら詳しく説明いたします。必要に応じて内服薬が処方されることがあります。

費用

  1割負担 3割負担
大腸内視鏡(観察のみ) \2,000前後 \6,000前後
大腸内視鏡+病理組織検査 \3,000~5,000前後 ¥10,000~15,000前後

             
事前検査分(血液検査ほか)などは含まれておりません。
御来院の際は保険証をお忘れなく。

清潔に検査を受けていただくためにディスポーザブル検査着料(お尻の部分が開いている検査着)を頂いております(\216)。

PAGETOP
Copyright © 中前外科・内科クリニック All Rights Reserved.