今年は「“ツインデミック”が起きるかもしれない」と懸念する声があることを、すでに知っている人もいるかもしれません。この「ツイン」が指すのはもちろん、世界的流行が続く新型コロナウイルス感染症(Covid-19)と、季節性インフルエンザです。

 これらが同時に発生する恐れがあるため、「インフルエンザの予防接種を受けるように」と、公衆衛生の専門家たちが呼び掛けています。しかし、そこで生じるのは、そのワクチンを打つべきタイミングは「いつなのか」という疑問です。 答えのひとつとして容易に言えることは、医学的な理由がない限り、インフルエンザの予防接種は「年に一度、毎年」受けるべきものだということです。季節性のインフルエンザも私たちの健康に深刻な害をもたらす危険性があり、感染によって命を落とす場合もあります。免疫系の弱い人には、特に影響が大きいと思われます。

 インフルエンザの予防接種は従来、毎年10月中旬~下旬に受けるのが良いとされてきました。それは、ワクチンを打ってからその効果が十分に発揮されるようになるまでに、1~2週間かかるためです。また、効果は時間の経過とともに弱まっていくものの、大抵は約6カ月続くためでもあります。

ワクチンの効果が続く期間には個人差があり、同じ人でもその年によって違いが出ることもあるが、10月に接種を受ければ、11月の初めごろにはワクチンが効いた状態になり、インフルエンザの流行が継続している可能性がある翌年4月まで、効果が持続するということになります。

 米疾病対策センター(CDC)によると、米国では季節性インフルエンザが流行のピークを迎えるのは、毎年12月~翌年2月の間。そして、流行は翌年の5月まで続く場合もあります。

今年も同じタイミングで良い?

 このように聞いてくると、ワクチン接種を受けるのは10月中旬まで待つべきだと思う人もいるかもしれませんが、必ずしもそういうことではありません。10月に入ってCovid-19の患者が急増して医療システムに過大な負荷がかかり、閉鎖に追い込まれる施設が出てくる可能性もあります。

今年はインフルワクチンが特に重要

 インフルエンザに感染した場合と、Covid-19にかかった場合にみられる初期の症状には、よく似たものが複数あります。そのため、感染したのがインフルエンザウイルスなのか、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)なのか、判断するのは非常に難しく、別のウイルスに感染している場合もあるかもしれません。

 また、インフルエンザにかかれば、Covid-19にもかかりやすくなります。ひとつのウイルスに感染すれば免疫系に負担がかかり、ほかのウイルスにも感染しやすくなるためです。しかし、インフルエンザの予防接種を受けていれば、少なくともインフルエンザにかかる可能性は低下させることができます。

 スタンフォード大学医学部の研究者らが「米国医師会雑誌(JAMA)」に発表したリサーチ・レターによれば、SARS-CoV-2に陽性の反応を示した検体の20.7%は、少なくとも1種類の別の呼吸器病原体に対して陽性だった。

 また、医学誌「Journal of Investigative Medicine:High Impact Case Reports」に掲載された論文には、SARS-CoV2とインフルエンザウイルスに同時に感染し、治療を受けたものの死亡した患者の例が挙げられています。

 現在進められている新型コロナウイルスのワクチンの開発により、インフルエンザワクチンの生産・流通に影響が及ぶ可能性があるとの指摘もあり、これもまた、受けられるうちにインフルエンザワクチンを打っておくべき理由のひとつです。

そして、もうひとつの理由として挙げられるのが、「集団免疫」です。インフルエンザが流行し始める前に、十分な数の人がワクチンの接種を受けておけば、感染の広がり方を変えたり、抑えたりできる可能性があります。

例年より(パンデミックによって)ソーシャルディスタンスの確保が実現されているなかでそうした状態を作り出すことができれば、今年はある程度、季節性インフルエンザの流行を抑制できるかもしれません。